より大きな地図で 空知産炭地域●炭鉱遺産めぐり を表示

 

炭鉱遺産を巡って歩くために

北海道空知支庁のホームページも参考にすると良いでしょう。

夕張

石炭博物館

炭鉱の記憶のセンター

特に実際の坑道を使った模擬坑道は世界的な施設

 

 

三菱大夕張鉄道車両

市民団体の手で守られている

車両の維持補修

 

 

旧北炭鹿の谷倶楽部

昭和天皇も宿泊した炭鉱の迎賓館

数寄屋造りの建物と庭園のコントラストが絶妙

 

▲Page Top

三笠

幌内炭鉱景観公園

北炭幌内鉱選炭機跡には、坑口など遺構が多く残っている

ここでは学生なども参加し市民が公園を作っている

 

 

立坑シティー

三笠は3つの立坑が残る道内随一の立坑シティー

左は日本最深の北炭幌内立坑

右は東洋一と言われた住友奔別立坑

 

夜の灯火

北海盆歌発祥の地である三笠の櫓の灯り

北海道鉄道発祥の地である幌内線路の灯り

 

▲Page Top

岩見沢

岩見沢レールセンター

明治の北海道炭礦鉄道時代の建物が今でも現役で使われている

2009年には駅北との連絡通路もできて、ますますクローズアップ

 

▲Page Top

美唄

アルテピアッツァびばい

炭鉱遺産活用の代表例

 

 

▲Page Top

上砂川

三井砂川立坑

地元団体のインスタレーションごしに見る三井砂川中央立坑

 

 

▲Page Top

歌志内

太陽燈室

歌志内市神威に現存する唯一の太陽灯室の建物(炭鉱経営の日焼けサロン!)

 

 

▲Page Top

赤平

住友赤平立坑

操業時の姿を忠実に残す住友赤平立坑

2004年には坑口浴場でインスタレーションも行われた

 

▲Page Top

芦別

坑夫像

元炭鉱マンら市民の手で再建された坑夫の像

 

 

▲Page Top

ページのトップへ戻る